スーツに使う靴下やベルトの基本

スーツ着用時には合わせるアイテムにも注意が必要です。
靴下の色は基本的にはスーツの色に合わせます。
ネイビーやグレーの時には靴下をそれぞれネイビーやグレーを履くと脚を長く見せる効果も期待できます。
ダークスーツに黒い靴を履く場合には黒い靴下を履くのが無難です。
透けているメッシュの靴下やスネ毛が見えてしまう短い靴下も周囲が嫌悪感を高めてしまう事があるため避けます。
ズボンに使うベルトはピンバックルの場合には通常5か所穴が開いています。
ベルトの穴の位置は5か所で調節するのではなく、穴の真ん中できちんと留まるサイズを選びます。
ズボンはベルトで固定するものではなく、ベルトがなくてもズボンがきちんと腰に収まっているサイズを選ぶ選びます。
ベルトはお腹まわりが大きかったり極端な扁平尻の場合にフォローするための役割があります。
ベルトをきつく締めすぎてしまうと剣先が余って飛び出してしまったり、ズボンのウエストがグシャグシャになってしまうと不格好です。