30歳を過ぎたらスーツの着こなし方を見直す

30歳を過ぎたあたりから、会社でもそれなりの役職に就く人が増えてきます。
責任が今まで以上に大きくなるわけですが、一度スーツの着こなし方を見直すようにしましょう。
20代の頃と同じように着こなしていてはいけません。
仕事だけでなく、装いにも一人前の社会人としての責任を持つようにしましょう。
しかし、スーツ単品でどうにかしようとしてはいけません。
シャツやネクタイ、シューズなどのアイテムをうまく組み合わせることがポイントになってきます。
これを分かっていないと、どれだけ上質なスーツを着ていても見た目が悪くなってしまうので注意しましょう。
とくに、シューズにはこだわりたいです。
おしゃれは足元からと言いますが、これはカジュアルファッションだけに言うことではありません。
ビジネスファッションにおいても重要になってきます。
30歳を過ぎたら、正統派のストレートチップを履くようにしましょう。
プレーントゥよりも品があります。